新宿・渋谷で歌のボイストレーニングならLavocボーカル教室

TOP > ブログ > lino-先生のレッスン-声を漏らさず歌おう

ブログ

lino-先生のレッスン-声を漏らさず歌おう

ボーカル教室でボイストレーニング!lavoc新宿校&下北校

 

こんにちは!

今日はLino☆がお送りいたします。

 

今日は、少し涼しくて過ごしやすいですが、

皆さまお元気ですか?

 

今日は、歌っている時の、声、で、

息を漏らさず歌うことの大切さについてちょっと書こうと思います♪

 

歌っている時に、息を無意識に吐きすぎていているのを見かけると、

とってももったいないな!!と思う時があるのです。

 

A,Bメロで声を吐きすぎて、肝心なところで酸素不足!というときも

多々あるのです。。!

 

ただ、歌い方の一つとして、Braethyに歌う、と言って、ため息混じりに歌う、という

歌い方もあるのですが、(例えば、ボサノバや、JAZZや、マイケルのバラードなどは、こういう声のほうが良かったりもします!)

そのほかの、結構大きな声で歌った方がよい箇所で声がもれていると、

う~ん!ちょっと残念!!となることの方が多いように思います。

 

声を出すときに、無意識に息を出しすぎていないか確認するだけで、

かなり歌い方は変わるものです!

 

なので、なんか、サビを歌うまでに、息がもたないなぁ。。と思ったら、ぜひ

ご自分の声から息が漏れ過ぎてないか、確認してみてくださいね!^ー^

 

漏れすぎてるな!と思ったら軌道修正!で、漏れていない、しっかりした声を出してみて、

何度も、歌ってみてください。

楽に大きな声がでる、と改めて気づけたら、その声のまま、

大きな声で、歌ってくださいね!!

 

では、明日もレッスンをお楽しみに!

 

Lino☆

 

写真はこの間たまたま出会ったクラゲちゃんの写真です。

綺麗だったなぁ。。^-^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン
;