ボイストレーニング 『話す』『歌う』の違い | 新宿・渋谷のボイストレーニング

TOP > ボイストレーニングとは > ボイストレーニング 『話す』『歌う』の違い

ボイストレーニング 『話す』『歌う』の違い

突然ですが皆さん「歌う」と「話す」の違いをご存知でしょうか?

…圧倒的に違うじゃん!! って思いますよね💦
メロディーがあるかないか以外にも実は違う点があるんです!

結論から書くと「歌う」と「話す」の違いは

1. リズムがあるかないか
2. 使う筋肉の量
3. 使う音域の広さ

この3点です。
それでは一つずつ詳しく説明していきたいと思います。

1つ目「リズムがあるかないか」

楽譜には必ず演奏者がこの曲をどのようなリズムで演奏するかがわかるように拍子が書いてあります。
三拍子なら「1 2 3 」四拍子なら「1 2 3 4 」このように拍子によって取るリズムが違ってきます。三拍子は三拍子でも3/2 拍子 3/4 拍子 3/8拍子 細かく分かれていますし、ポップスは比較的四拍子が多く使われていますが
ジャズにはジャズ特有の“スウィング”や“バックビート”というリズムの取り方があったりボサノバにはボサノバ特有のリズムの取り方があります。
リズムの取り方によってジャンル分けされており、ジャンルによってもリズムの取り方は違ってくるのです。

歌うとはこれらのリズムを 意識的に取らなければいけないもの で
話すとはこれらのリズムを 意識的に取らなくていいもの なのです。

会話の中で意識的にリズムを取るとラップのようになってしまいますね😂

2つ目「使う筋肉の量が違う」

話すときは口の周り筋肉を使って話しています。
もちろん歌うときも使いますが、話すときよりもより強いパワーで筋肉を使っているのです。

例えば、話す時に比べて歌う時って口を大袈裟に開けたりしませんか?
話す時は口先だけで言葉を発して喋りますが歌う時はもっと口の横の動きだったり縦の動きが必要になってくるので、その分使う筋肉の量もパワーも違ってくるのです。

そして、歌うときは呼吸を意識しお腹にたくさん空気を入れて歌います。
よく「体全体を使って歌う」と言いますが歌が上手な方はお腹にもたくさん空気を入れて且つ、背中にも空気を入れて歌っているのです。
話すときに体に空気をたくさん取り込む必要はありませんが、歌うときは多くの空気を体に取り込みたいのでその分必要になってくる筋肉もあるのです。

つまり、
歌う時に比べて話すときは 最小限の筋肉を使って話している が
歌う時は話すときに比べ より強いパワーで、より多くの筋肉を使っている ということなのです。

3つ目「使う音域の広さの違い」

声には種類があります。
「チェストボイス」「ミドルボイス」「ヘッドボイス」「ファルセット」などです。
・チェストボイスとは低音域の声
・ミドルボイスとは中音域の声
・ヘッドボイスとは高音域の声
・ファルセットとはヘッドボイスよりも高い声

です。
歌うときはこれらの音域を幅広く行ったり来たりしながら歌っています。
話すときも音域を行ったり来たりしないわけではないですし、人それぞれ低音域で話す方もいれば中音域で話す方もいらっしゃると思います。
ですが話の途中で低音域から急にファルセットで話出したり、そもそもファルセットは会話の中であまり使わないと思います。

このように 歌う時は話す時よりも幅広い音域を使っている のです。

つまり…

結果「歌う」と「話す」の違いとは

1.リズムを意識的に取るのか取らないのか
2.歌う時の方が話す時よりも強いパワーでより多くの筋肉を使っている
3.歌う時は話す時よりも幅広い音域を使っている

この結果を見ると「歌う」とは「話す」の延長線上にあることがわかりますね。
歌はリズムや呼吸を意識し、音域も広く使わなければなりません。
なんだか難しく聞こえるかもしれませんが、やっていけば身に付きます!
ただ闇雲にやっていては間違って身についてしまうかもしてません。
わからないことはわかる人に聞くのが一番です。
基礎からしっかり作っていきましょう。
歌が思うように歌える喜びを一緒に感じて行けたら嬉しいです✨

mai

ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン