ミックスボイスならLavocボーカル教室|東京(新宿・渋谷)
TOP > 選ばれる3つの理由 > 2. 入校率70%、リピート率97%の驚異の講師陣 > Mayu

Mayu

プロフェッショナル・ボーカルインストラクター

自分の声が好きじゃない…
高音が思うように出ない…
もっと自由に歌いたい…
洋楽やKpopにチャレンジしたい…

などなど、お悩み解決いたします!
「声に自信を!」がモットー!

声が変われば、気持ちが変わります。

初心者さんも玄人さんも年齢問わず大歓迎。
ひとりひとりのゴールに沿ったレッスンをご提案します!

プロフィール

1994年生まれ。長野県出身。
4歳からクラシックバレエを習い、地元のバレエ団での公演では、ソリストも果たす。一度は、バレリーナも夢見たが、音楽好きな家族に囲まれ、幼い頃から音楽に親しんでいたせいか、歌うことの楽しさに目覚め、方向転換する。
小学校高学年で合唱部に入部、クラシックや合唱だけでなく、その後、ロックやR&B、ブルース、ジャズなど幅広い音楽に興味を持つ。
17歳の時にYAMAHAが主催する日本最大規模の音楽コンテストに出場し、セミファイナリストに選出。
学生時代のバンドメンバーとのデビューを夢に見たが、進路の違いにより、頓挫する。上京し、平凡な学生生活の傍ら、積極的に音楽活動を続け、X JAPAN YOSHIKI氏が発足した『Lady’s X』プロジェクトのファイナリスト4名に選出されたり、某老舗ライブハウスレストランにて、ボーカルを4年程務めた。得意分野は、R&B、Disco・Soulなどの洋楽全般。
ボーカリストとしてのキャリアを生かし、現在は都内でボイストレーナーとしても活躍中。

リトミックや韓国語の勉強中。老若男女、グローバルにボイトレをするのが目標!

インタビュー

なぜ、あなたはボーカルインストラクターの仕事を選んだのですか?
やり甲斐を感じる反面、やはり悩む時もあります。
人によって、ピンとくるポイントが違うので、どうしたら伝わるかな~、分かりやすいかな~と日々考えています。
生徒さんが、少しでもステップアップできた!と感じてもらえると本当に嬉しいです!
インストラクターになってみて、本当によかったなと思います。
なってみて、どうでしたか?
よかったです!
生徒さんとのレッスンが楽しいのはもちろん!
以前は音楽教室の一部の「ボーカルコース」だったのですが、ラボックはボーカル専門の教室なので、先生たちの質も高く、意見交流なども出来るのでより良いレッスンをお送りすることが出来ます。
仕事をする上で、絶対に変えたくないポリシーは何ですか?
誠実に生徒さんに向き合うことです。
仕事をしていて一番楽しかった事は何ですか、またそれは何故ですか?
普段のレッスンももちろん楽しいですが、本気ライブに出演して全力を尽くす生徒さんの楽しそうで満足した笑顔を見た時です。
仕事をしていて一番つらかった事は何ですか、またそれは何故ですか?
仕事面で辛いと思ったことは今の所ないですが、体力的に堪える時はありますね。笑
でも、熱中してる証拠だと思ってます。
一番の成功は何ですか、また何故そう思うのですか?
ホイッスルボイスを出せるようになりたいという生徒さんに、ホイッスルボイスを教えて、彼女が習得できたことです。(もちろん彼女の努力あっての結果ですが、インストラクターとしての自信に繋がりました。)
一番の失敗は何ですか、またそこからどう立ち直りましたか?
着任したての頃、体験レッスンの際に、オリジナル曲を課題曲に持ってきてくださった生徒さんがいたのですが、熱意に応えて、あの手この手でアドバイスをしすぎて、頭をパンクさせてしまったことです。
それからは、”ゆっくり着実に”レッスン内容を組み立てるようにしています。
仕事をするうえで、夢中に取り組めることは何か?
生徒さんの声の出し方の特徴を捉えて、理想の声を出せるように手助けすること。
自分は他の人より優れている所はどこだと思いますか?
声の真似ができること。
音域が広いこと。
あなたの生徒さんはどんな人が多いですか?
老若男女幅広いです。
お悩みは人によっても、課題とする曲によっても違いますが、多いのは、「洋楽をカッコよく歌えるようになりたい」、「高音(ホイッスルボイス含む)を出せるようになりたい」、「気持ちよく歌いたい」、「声が枯れないようになりたい」などです。
あ、これ自分のことだ。と思い当たる節のあるそこのあなた、ぜひラボックボーカル教室の私のもとへお越し下さい!
なぜ、あなたをインストラクターとして選んだのだと思いますか?
何でも経験してみたい精神
あなたの生徒さんはどのように喜んでいますか?
今まで歌いたかったけど歌えなかった曲、歌うのを躊躇していた曲を楽に歌えるようになった!
歌うことが楽しくなった!
以前よりも歌のレパートリーが増えて、歌いたくてうずうずする!
…などなど

アイデンティティに関する質問

出身地はどこですか?
長野県長野市
特に大好きなおじいちゃん、またおばあちゃんはいますか? また、それは何故ですか?
います。みんな料理上手で、穏やかで、会うとほっこりするからです。
お父さんとお母さんの出会いについて、何か知っていますか?
職場が同じだったらしい。
兄弟は何人ですか? 構成は?
ひとりっ子
小さい頃はどんな子でしたか?
いたずらと一人で遊ぶのとサスペンスが好きな子どもでした。
いたずらはテレビのリモコンの電池を抜いておいたり、一人で遊ぶときは絵を描いたりお話を空想していました。
サスペンスは、ウキウキしながら観はじめるのに、夜遅くに始まるのでウトウト眠くなって結局朝になっていて拗ねるという子どもでした。笑
小学生時代はどんな子でしたか?
割と引っ込み思案だったと思います。
自分が座っている椅子が今にも壊れそうで、先生にも言いたいけど注目されるのが嫌すぎて言えないというくらい目立つのが嫌でした。(あ、別にいじめられていた訳ではないですよ。)
結局椅子は壊れて、余計に目立ってしまったという思い出があります。笑今となっては真逆の性格です。笑
中学校時代はどんな子でしたか?
中学時代でやっと音楽と歌うことが好きになりました。
ひょんなことから合唱部に入って、そこで出会った物凄く歌の上手な女の子に感化されて歌の練習に明け暮れてましたね。懐かしい。
その頃、お風呂で歌う気持ち良さを知りました。笑
高校時代はどんな子でしたか?
小学生時代の引っ込み思案はどこへやらというくらい元気な子どもでした。
当時も歌を続けていましたが、ロックにハマってバンドを組み、別の歌の世界を切り開けた時代です。
その頃ちょうど洋楽にもハマり、バンドでも洋楽ばかりを歌っていました。
私服の高校だったこともあってか、洋服にもこだわっていました。
今や白か黒の服しか着ませんが、当時は歩く色彩暴力でした。笑 ああ恐ろしい…
大学・専門学校時代はどんな学生でしたか?
勉強することより歌うこと・音楽のことばかりに熱中していました。
その頃ちょうど某ライブハウスレストランで歌っていたこともあって、勉強よりも音楽!という学生時代でした。もっと勉強に力を入れればよかったなあと今になって思うところはあります。お恥ずかしい話です。
大学・専門学校卒業後はどうでしたか?
卒業後も某ライブハウスレストランでボーカルとして活躍。
そのほかにも自主的に、”くつろぎ”がテーマのアコースティックワンマンライブを毎月開催。
ラボックボーカルスクールの生徒から同校ボーカルインストラクターになりました。

パーソナリティに関する質問

自分はどんな性格だと思いますか?
人当たりがよく、フレンドリーな方だと思います。
じっとしていることが苦手で、常に何かしていないと気が済まないタイプです。
そして、よく喋ります。
あとは、少しだけ几帳面でせっかちです。
人からどんな風に思われている事が多いですか?
へこたれない
好きな人・尊敬・一番影響を受けた人は誰ですか?
アーティストだったら、間違いなくマドンナです。私の座右の銘は、「Better to live 1 year as a tiger than a hundred year as a sheep 」です。「能動的に生きろ」みたいな意味です。ちなみに携帯の待ち受けもこの言葉とマドンナの写真です。パワーの源です。
趣味は何ですか?
部屋のレイアウトを変えること、占いに行って話すこと
いろんなコーヒーを飲むこと
何の為に生まれてきたと思いますか?
大袈裟な…笑
夢は、一人一人の声に向き合って、声を通して、もっと自分に自信を持ってもらうことです!
なので、一人一人の背中を押せるボーカルインストラクターが天職と思っています。
今以上に「まゆか先生とレッスンをして昔より胸を張れている」と思ってもらえるように、もっと頑張ります!
今、なぜここにいるのだと思いますか?
これまた深刻な質問が…
与えられた世界、飛び込んだ世界で、やりたいことや求められることを本気でやるという意気込みで日々生きてます。
人生が終わる時、どうなっていたいですか?そして、どういう思いでいたいですか?
人生が終わる時、どうなっていたいですか?そして、どういう思いでいたいですか?
お腹いっぱい食べて、人生やりきったな~と思っていたいです。
お腹も心も満たされた状態で終わりたいです笑
将来の夢は何ですか?
とにかく上に上に行きたいです。
ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン