ミックスボイスならLavocボーカル教室|東京(新宿・渋谷)
TOP > コースと料金 > コースについて > 声優・アニソンコース

声優・アニソンコース

意外と多いご要望が、
現役の声優さんや声優の卵の方が、歌を習いたいというもの。
声優も歌えることが望まれるそうです。

但し、それには3つの壁があります。

1つ目は、話すのと歌うのとでは、発声方法がまるで異なること。
例えば、前者は地声の音域しか使いませんし、せいぜい3M以内にいる人向けの発声です。
一方、後者は地声だけでなく、胸声や頭声といった、地声以外の音域を使って、
10M先にいる人にも聞こえるような発声です。

2つ目はリズムです。
昔のアニメソングは、誰でも歌えるような曲調が多かったのですが、
最近のアニソンは、ロック調で速いリズムの曲が多く、
みんなが歌えるという軸では作られていない事が多いのです。

3つ目はメロディーです。
昔の声優さんは、音痴であっても何も問題なかったと思います。
しかし、歌えることも求められる現代の声優さんは、音痴であることは致命傷です。
この3つの壁を乗り越えて行かなければなりません。

コースの特徴

趣味としてアニソンが好きな方は、楽しんで頂くことを中心に考えます。
但し、声優の仕事をして行きたい方は、取り組み方がかなり異なります。
歌でメジャー・デビューを目指す方と同じように、地味な練習が多くなります。

実は、歌に必要な呼吸法には様々あります。
声帯を通る空気の量や速さを、自在に調節できるようになる練習を繰り返します。
シャウト(叫ぶような大きい声)、ウィスパーボイス(ささやくような声)、ヴィブラート、

エッジ・ボイスなど、これらを全て呼吸法でマスターして行きます。

次に、速いリズムに乗れるようになるには、
まずはゆっくりなリズムにしっかり乗れるようにします。
ゆっくりなリズムに乗れないと、速いリズムには到底乗れません。
乗れるリズムから、徐々に上げて行きます。

最後にメロディーですが、音が取れない、いわゆる音痴で悩んでいる方も、
その多くは治りますからご安心ください。
治る場合、原曲をよく聞くという、ごく当たり前な取り組みで治ってしまうこともよくあります。
また、最初は違和感があると思いますが、録音したご自身の歌を第三者として聴くと、
音が取れていない所に気付きやすくなります。

週1回のペースで通って頂いて、毎回復習をきっちりやって来て頂いても、
基礎をひと通りマスターするのに、半年はかかります。
地味な基礎の練習を中心に、半年はツラいと思う方は、他校に行かれた方が良いと思います。

それでも、やってみようと思う方は、まずは是非体験レッスンにお越しください。

ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン
;