ミックスボイスならLavocボーカル教室|東京(新宿・渋谷)
TOP > コースと料金 > コースについて > 洋楽コース

洋楽コース

【洋楽をカッコ良く歌いたい!】というのが、
最も多く頂くご要望です。
オールディーズから、80年代~90代ロック・ポップス、
最近の流行曲などなど、リクエストも様々です。

但し、洋楽は我々日本人にとって、
最も難しいジャンルと言っても過言ではありません。
なぜなら、リズムが逆なのです。
邦楽は表拍、洋楽は裏拍です。
その辺りから、レッスンでは取り組んでいます。

コースの特徴

洋楽のレッスンで、最初の難関はリズムです。
邦楽と洋楽のリズムの違いを例で見てみたいと思います。
まず、邦楽を代表する演歌では、
『津軽海峡冬景色』を挙げてみましょう。
手拍子をしながら、冒頭の『上野発の夜行列車降りた時から~』を歌ってみて下さい。

『ウエノ発の ヤコウ列車 オリタ時か ラ~』と、
カタカナになっている所で手拍子したと思います。
『タたたたた タたたたた タたたたたタ~』の『タ』で手拍子をして、表でリズムを取っています。

一方、洋楽ではマドンナのヒット曲『Like a vigin』を挙げてみましょう。
冒頭の歌詞は、

☆I made it through the wildness
☆Somehow I made it through
☆Didn’t know how lost I was
☆Until I found you

となっていて、☆マークの所にリズムの表が来ます。
つまり、『タン!タン!』という具合に手拍子すると、『タン!』と『タン!』の間から、歌い始めます。

一行目だと、
『タン!』I made it 『タン!<through>』the wild『タン!』ness 『タン!』
という感じになります。

しかも、邦楽だとリズムとリズムの間は、大体文字数が同じ
(上野発の<6文字>、夜行列車<8文字だけど、れっしゃは2文字として発することが可能>、
降りた時か<6文字>)です。

一方、リズムとリズムの間に入る単語の数は一定ではありません。
洋楽は上記のように3文字(I made it)になったり、単語の途中で拍が来たり、バラバラです。

このリズムが洋楽の第一の壁です。

第二の壁は、同じくリズムでグルーヴです。
英語ネイティブが日本語を話すと、速くなったり、遅くなったりします。
例えば、『おはようございます』も、英語ネイティブが言うと、
『おはぁよぅ ござぁいまぁす』速く(強く)なったり、遅く(弱く)なったりする箇所が出てきます。

これが単語単位でも出てきますし、文章になると、さらにグルーヴがかかります。
卵が転がると、速くなったり、遅くなったりしながら、回転します。
あの要領でリズムが取れる練習から始めます。

リズム・グルーヴと同様に、洋楽独特なのが英語の発音です。
日本語にはない音が色々あるので、我々日本人は苦労します。
但し、よく聞けば、真似できないことはありません。
『発音が苦手』という人に共通するのが、原曲をよく聞いていないことです。

最初はとにかく聞きます。聞き取れなかった所は、何度も繰り返し聞きます。
カタカナでも良いので、聞こえたままに書き取ってみて、実際の歌詞と答え合わせをする。
これが歌の練習だけではなく、英会話の聞き取りにも効果的です。

何事も上手い人の真似をすることで、上達が速くなります。
原曲をよく聞いて、原曲で発しているように発音できるように真似をする。
一音一音、丁寧に。

突然上手くなることはありませんが、コツコツやれば必ず結果は出ます。
3ヶ月後、聞く人をビックリさせたい方は、是非一緒に頑張りましょう!!

ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン
;