ミックスボイスならLavocボーカル教室|東京(新宿・渋谷)
TOP > コースと料金 > コースについて > カラオケ上達コース

カラオケ上達コース

中には、上手くはなりたいけれども、
人前で歌うことを目的にしていない方もいらっしゃいます。
とにかく、カラオケ採点マシーンの高得点を狙いたいとか、
ワンカラ(一人カラオケ)で自分が納得できるように
歌いたいといったご要望です。

本気ライブという名の発表会に力を入れてきた教室ですが、
そういうご要望をお持ちの方にエントリーの強要は決してしません。
音楽の楽しみ方は人それぞれだと思います。
自己満足度を上げたい方は、
是非無料体験レッスンにお越しください。

コースの特徴

ただただ、カラオケが上手くなりたいという方には、ストイックな方が多い印象です。
採点マシーンの高得点を目指す方は、様々なテクニックをマスターされようとします。
しかし、そこが落とし穴なのです。

そもそも、原曲を歌っている本人が歌っても高得点が出ないこともよくあること。
攻略するのはなかなか難しいです。
採点マシーンの代表格は、DAMとJOYSOUND。

それぞれに採点の特徴はありますが、共通しているのは『音程』を一番重視している点です。
まずは、音をしっかり取れるようになること。

音がしっかり取れるようにと言っても、
イメージが湧きにくいと思います。
そこで、図で表すと1)が理想の状態です。
3)であることは、比較的少ないのですが、
2)の状態であることはよく見受けられます。

このフラつく理由の最大の原因が、腹式呼吸です。
息が続かなかったり、声量を満たす息の量が
足らなかったりすると、すぐ音に表れます。

要するに、目的が人前で歌うことであれ、カラオケで高得点を出すことであれ、
最初に重点的に取り組まなければならないのが、呼吸法であるということです。
まず、ここをクリアしない限り、次へは進めません。

様々なテクニックで採点もされるので、ついテクニックに走りたくなる気持ちは分かります。
しかし、土台がしっかりしてない限り、テクニックも上手く活かせません。

音をしっかり取れるようになったら、次に配点が高いのは安定感です。
この安定感の評価の対象になっているのが、ロングトーン(声を長く出す)です。
これもまた、解決策は腹式呼吸です。

つまり、第一の壁である腹式呼吸をマスターしない限り、
採点マシーンでの高得点も、人前で歌った時の第三者の高評価を得られません。
それでも、地道にコツコツ取り組みたい方は、是非無料体験レッスンにお越し下さい。

ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン
;