ボイストレーニング おススメの曲 | 新宿・渋谷のボイストレーニング

TOP > ボイストレーニングとは > ボイストレーニング おススメの曲

ボイストレーニング おススメの曲

おすすめの練習曲〜女性編〜

何の曲を練習したらいいの?

以前ある女性の生徒さんから、
「課題曲で何かおすすめはありますか?」
というご質問をいただきました。

“歌を上達させたいけど、どんな曲を歌えばいいのか分からない”

けっこう悩まれている方が多いのではないでしょうか?

そこで、私がおすすめしたのは、
Superflyさんの“My Best Of My Life”という曲です。

2009年にリリースされたSuperflyさんの7枚目のシングルで
ドラマの主題歌にもなりましたね。(あぁ、懐かしい…)

「歌の基礎を固めたい」
「上手くなりたいけど何からやれば良いのか分からない」
という方に、ぜひおすすめしたい曲です。

《こちらのリンクからぜひ聴いてみてください》

Superflyさんといえば、圧倒的な歌唱力で
どの歌を聞いても魅了されますよね!

ただ、いざ歌うとなると気が引けてしまう…

そんな気もしますが、
上達するには少し目線の高い曲をチョイスしてみるのが、Goodです。

ポイントは、歌えるところはあるけど、
越えられない壁がある曲を選ぶことです。

【実は、基礎がつまっている曲なんです!】
なぜ、“My Best Of My Life”が、トレーニングに最適かというと

歌の基礎の基礎でもある
“呼吸・喚声点・響き”がぎゅっと詰まった曲だからです!

もう少し詳しくいうと、
①安定した息の量で歌う練習になるから
②無理のない広い音域が使われていて、声を操るトレーニングになるから
③ミドルテンポなので、響きを感じながら歌うコツを掴みやすいから
です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここで、少し用語説明します。ご不要な方は、飛ばしてください!

◼️呼吸…ここでいう呼吸とは、“腹式呼吸”のことです。
歌を歌うためには深い呼吸を上手に使っていくことがミソです。

◼️喚声点…簡単にいうと声が切り替わるポイントのことです。
例えば、低い声から高い声までを出していった時に急に声がひっくり返ったりしますよね?
そこのポイントのことです。

◼️響き…声は高さによって、響く場所が違います。
自分の声が体のどこに響いているのか感じながら歌えるとより良いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この3つの基礎が揃うと歌声は、格段に良くなります!!

では、この曲を練習する上で
意識していきたいポイントを押さえていきましょう!

…の前に一つ質問です!
どちらの歌い方の方が聴いていて心地よく感じますか?

①い〜ま〜ここ〜で〜 いきを〜し〜て〜み〜る〜

②い/ま/ここ/で/ いきを/し/て/み/る/

少し分かりにくい書き方になってしまいましたが、
おそらく大体の方が①を選択されると思います。

①は、メロディーが繋がっている時、
②は、メロディーが途切れてしまっている時です。

Superflyさんの歌声を聴いていて心地の良く感じる要因として、
「メロディーが途切れていない」ということが挙げられます。

メロディーを切らないように、歌うには、安定した呼吸が必要です。

まずは、息継ぎから息継ぎまでのフレーズを
「繋げて歌う」ということを意識して歌ってみましょう。

そうすると、
お腹のあたりがクッと締まっていく感覚があると思います。
同時に喉が締まってしまってはいけませんが、
お腹にある感覚に集中すると自然に深い呼吸ができてきます。

深い呼吸とは、
息を使った分、息を吸い込むことができ、
常に一定の量の息が吐けている状態のことです。

この深い呼吸ができると、Superflyさんのような
真っ直ぐな声を出すことができます。

イメージとしては、
“口を結んでいない風船から空気が抜けては、
毎度同じ大きさに膨らんでいき、
その口から常に一定量の空気が同じスピードで抜けていく”
ような感じです。

この深い呼吸が掴めてきたら、
次は、その深い呼吸をキープしたまま歌い進めてみましょう!

吐く息の量を一定にするというのがもう一つのポイントです。

深い呼吸が掴めてくると、
今まで出にくかった高音や低音も出しやすくなったり、
声がひっくり返りにくくなると思います。

この深い呼吸を意識することで、
腹式呼吸の感覚が身につき、
それに伴い、不要な力みがほぐれていきます。

高音や低音が出にくい場合は、喉の力みが関係してきます。

力みが軽減されることで、音域が広がり
喚声点も目立たなくなってきます。

最後は、響きについてです。
この曲は、音域が広く、高音が苦手な方にも低音が苦手な方にも
おすすめできる曲です。

特に低音では、
体に響いてくる感覚を
大事にしながら歌うことが重要です。

鎖骨の下あたりに手をあてて
声を出した時の振動を感じてみましょう!

例えば、
Aメロ(1番では、“今ここで〜なぜ”まで。その他同じメロディーのパート)の
最後の音が出しにくいという方は、胸の響きを感じながら声を出してみると良いでしょう。

“My Best Of My Life”を
・繋げて歌う
・一定の息の量をキープする
・低音は胸に響かせる
を意識しながら歌い、“呼吸・喚声点・響き”をものにしましょう!

【実際のところどうなのよ…?】

そうそう、そう思いますよね。
気になるのは、実際にどう変わるのかというところ。

“呼吸・喚声点・響き”
この歌の基礎三拍子が揃うとこんな良いことがあるんです!

①声が安定して、ブレなくなった
②苦手な音域が出やすくなった
③体の響きを感じながら、心地よい声色で歌うことができるようになった

この“My Best Of My Life”が歌いこなせるようになると
“呼吸・喚声点・響き”のコントロールが上手になり、
「今までの歌声」とは違う歌声が手に入るはずです!

いかがでしたでしょうか?

「何を練習したら良いのか分からない」
「歌の基礎を固めたい」
「上手くなりたいけど何からやれば良いのか分からない」

そんなあなたの役に立てたのなら嬉しいです。

ぜひ、コツを押さえながら
“My Best Of My Life”から基礎を固めて
理想の歌声を手に入れてくださいね♪

ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン