高橋洋子の凄い所とは?|ボイストレーナーが徹底解説 | 新宿・渋谷のボイストレーニング

TOP > ボイストレーニング研究所 > ボイストレーニング > 高橋洋子の凄い所とは?|ボイストレーナーが徹底解説

高橋洋子の凄い所とは?|ボイストレーナーが徹底解説

高橋洋子さんといえば、

人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の代表曲を歌われた歌手ですよね!

 

「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」など

誰もが一度は聞いたことがある曲ではないでしょうか?

 

カラオケの履歴にも必ず残っている万人から愛される名曲ですよね。

 

かく言う私もよく歌います(笑)

 

 

今回は、そんな高橋洋子さんの凄さを、

代表曲「残酷な天使のテーゼ」から見ていきます!

 

 

高橋洋子さんの凄さ3つ

「残酷な天使なテーゼ」から見る高橋さんの凄いところ3つはこちらです。

 

①安定感

②発音

③息のコントロール

 

さらに詳しく見ていきましょう~!

 

①安定感

広音域にも関わらず、安定した発声で終始歌いきる…圧巻です。

 

「残酷な天使なテーゼ」は、大体1.5オクターブの音域で構成されています。

(mid2A#~hiCの音域が使われています。)

 

女性キーですが、男性でも原曲キーで歌える方もちらほらいるかな?

くらいの高さの曲ですね。

 

広い音域が使われているので、高橋洋子さんのように高音から低音まで安定して発声できているのは、技術の高さの表れです。

 

実際に、歌ってみると、高音の裏返りや掠れ、出しにくさ、

または、低音の出しにくさや力みを感じる方も多いでしょう。

 

 

②発音

テンポが早いにも関わらず、一語一語はっきりと聞き取れます。

歌詞を知らない方にも伝わる発音の良さが際立ちます。

 

テンポの速い曲の歌詞って、なかなか聞き取れないこと多くないですか?

一語一語聞き取れる歌い方をしているということは、舌が効率よく使えているということです。

 

歌唱の際の滑舌の良さは、聴き心地にも影響します。

 

③息のコントロール

ブレない呼吸がなくては、この曲は歌いきれません。

 

2番サビが終わりすぐにBメロに移りますよね!

ここでバテててしまった経験ありませんか?

 

この曲は、腹式呼吸が整っていないと、

息継ぎをするのも声をコントロールするのも難しいのです。

 

だから凄い高橋洋子

①安定感

前述したように約1.5オクターブの音域が使われていて、

低音から高音まで、安定して発声をされています!

 

チェストボイス~ミドルボイス~ヘッドボイスまでが

しっかりと繋がっている証拠です。

 

特にサビは、メロディーの高低差が多いので、安定感が際立ちます!

 

②発音

高橋洋子さんの歌い方って、歌詞を全く知らない方にも歌詞の伝わる歌い方ですよね。

 

これは、舌がリラックスしていて、かつしっかり動かせていると言うことです。

 

③息のコントロール

この曲を歌っていて息が苦しくなった経験のある方は非常に多いと思います。

高橋さんご本人も息継ぎが難しいとインタビューでおっしゃられていたと思います。

 

 

この曲は息継ぎをする間が非常に短く、「瞬間ブレス」と言うのが求められます。

その名の通り、瞬時に必要量の息を吸うことです。

 

この瞬間ブレスが腹式呼吸でできていてこそのこの歌声であることは過言ではないでしょう。

 

□事例

高橋洋子さんのどこがどう凄いのかお話ししてきましたが、

高橋さんのように歌うためのポイントをピックアップしました!

①安定感

広音域を安定した歌声で歌うためには、

声帯の伸縮性を鍛えてあげる必要があります。

かつ、喉はリラックスした状態が理想的なので、

低い音から高い音までリップロールでなぞってみましょう!

 

ブルルルルルルルといった感じで唇を震わせながら

低い声から高い声まで出してみます。

 

②発音

歌うと舌に力が入ってしまう方って結構多いんです。

なので、一度歌うという意識を無くして、

歌詞を語るように音読してみましょう!

 

その感覚のまま歌を歌ってみると歌詞が聞き取りやすく歌えるはずです!

 

③息のコントロール

腹式呼吸に関しては、ぜひ前にアップされている腹式呼吸の記事を見てみてください!

 

息を吐き切って、自動的に息が入る感覚を掴んでみましょう。

 

□やっぱり凄かった…

「残酷な天使なテーゼ」から見た高橋洋子さんの凄いところ3つ!

いかがでしたでしょうか?

 

やっぱり高橋洋子さんの歌唱力と技術力は高い…!!!

 

 

高橋さんのように歌うなら

①安定感

②発音

③息のコントロール

を極めてみましょう♪

 

 

キャンペーン 無料体験

この記事を書いた人

Mayu
Mayu
1994年生まれ。長野県出身。
4歳からクラシックバレエを習い、地元のバレエ団での公演では、ソリストも果たす。一度は、バレリーナも夢見たが、音楽好きな家族に囲まれ、幼い頃から音楽に親しんでいたせいか、歌うことの楽しさに目覚め、方向転換する。
小学校高学年で合唱部に入部、クラシックや合唱だけでなく、その後、ロックやR&B、ブルース、ジャズなど幅広い音楽に興味を持つ。
17歳の時にYAMAHAが主催する日本最大規模の音楽コンテストに出場し、セミファイナリストに選出。
学生時代のバンドメンバーとのデビューを夢に見たが、進路の違いにより、頓挫する。上京し、平凡な学生生活の傍ら、積極的に音楽活動を続け、X JAPAN YOSHIKI氏が発足した『Lady’s X』プロジェクトのファイナリスト4名に選出されたり、某老舗ライブハウスレストランにて、ボーカルを4年程務めた。得意分野は、R&B、Disco・Soulなどの洋楽全般。
ボーカリストとしてのキャリアを生かし、現在は都内でボイストレーナーとしても活躍中。
ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン