自宅でもできるボイストレーニング3選! | 新宿・渋谷のボイストレーニング

TOP > ボイストレーニング研究所 > ボイストレーニング > 自宅でもできるボイストレーニング3選!

自宅でもできるボイストレーニング3選!

こんにちは!ラボックボーカル教室のあんりです。

 

突然ですが!

みなさんご自宅でどんな歌の練習をしていますか?

というか、おうちで歌える環境はありますか??

 

近所や家族に遠慮なく、いつも大きな声で歌えたら最高ですが、

現実はなかなかそうはいきませんよね。。

 

練習したい気持ち・意欲があっても環境的に声を出すのが難しかったり、

仕事から帰宅したらもう夜遅かったり、

そもそも歌う体力が残ってなかったり。。

 

最近ではコロナ禍で、カラオケ屋さんが休業していたり

なかなか思うように出来ないことも多いですが、

歌うために必要な筋肉や体力は使わないとどんどん衰えてしまいます><

いざ思い切り歌おうとした時に、

全然声が出ないなんて想像するだけでも恐ろしいですよね・・・!

 

今回はそんなあなたに是非試して欲しい!

おうちでも出来る、簡単なトレーニングを3つご紹介致します♪

 

 

①舌根トレーニング

まずは声の出口、口元をほぐしていきます!

「舌」って実は私たちが認識しているより、もっと大きな筋肉の塊なんです。

舌の付け根の方を「舌根(ぜっこん)」と言います。

舌根が硬いと声を出す時に、舌が喉を塞ぐような形になっていまい、声がこもりやすくなってしまいます。

歌っている時に「なんだか声がモゴモゴするな」と思う人は舌根が硬い可能性があります。

2~3分あれば出来るトレーニングなので、出来たら毎日やるようにしましょう!

 

《やり方》

舌で歯茎の部分を舐めていくようにゆっくり右回しにまわしてみましょう!

(ゴリラの物真似みたいな感じ)

5回〜10回ほど、無理のない範囲で大丈夫です。

最初は舌の付け根(アゴ周辺)が痛く感じると思いますが、効いてる証拠。

右回しが出来たら、反対も同様にやってみましょう♪

 

★出来るだけゆーっくり、広範囲を使って舌を動かすのがポイントです!

★最初のうちは鏡で動きを確認するのがおすすめです。

 

 

②呼吸を意識してみる

歌うのに1番大事と言っても過言ではないのが、呼吸!

息が声に変わっていきます。

言わば「歌」の「ガソリン」は「息」です。

腹式呼吸が出来るのがベストですが、まずは呼吸が浅くなっていないか、

日々セルフチェックしてみましょう!

 

《やり方》

「スーッ」とアルファベットの「S」の発音をするように

口から細く・長く、息を吐いてみましょう。

もう吐けない!苦しい!お腹プルプルする、くらい吐き切れたら、

いっきに脱力します!

この脱力のタイミングで口をぽかんと開けてみましょう。

 

どうでしょう?体に空気は入ってきましたか?

 

★呼吸のポイントはまず息を吐ききること。ここでは吸うことは一旦忘れてみてください。

★空気が入ってこなかった人は脱力が出来ていない可能性があります。リラックスしてみて!

 

 

③リップロールで声を出してみる

歌手がリハーサルなどで、唇をブルブル震わせているところ、見たことありますか?

最近話題のTHE FIRST TAKEなどでも、時々このシーンを見かけますよね!

 

この唇ブルブル、

一見、子供ががふざけて遊んでいるようにも見受けられますが、ちゃんと意味があるんです!

「リップロール」という名称の、ボイトレ業界ではかなり有名なトレーニング方法の一つなんです。

 

効果としては、

顔や喉の力みを取る。

吐く息の量を整える。声帯を心地よく振動させる、など効果は様々!

音も小さめなので、ご自宅でも安心してチャレンジ出来ますね^^

 

《やり方》

息を吐きながら唇を少し突き出す。

★両手の人差し指で、口角を少しあげるようにするとやりやすくなります!

唇がぶるぶる動いた人は、音もつけてみて!(地声より少し高めがおすすめです)

音を出しながらブルブルが安定して出来るようになった人は、そのまま曲の練習をするのもおすすめです。

 

★唇ブルブルが苦手、続かない、という人は顎に力が入ってる可能性があります。リラックスしてみて!

★この時の息は、強すぎても弱すぎてもうまくいきません。絶妙な息の量を探してみてください!

 

 

以上、自宅でも出来るボイストレーニング3選でした!

こんなの簡単!朝飯前だよ!と言う方もいれば

すこし難しく感じた方もいると思います。

 

今回ご紹介した3つのトレーニングは、私たちボイストレーナー もほぼ毎日やっています。

今日は簡単に出来た人も、体調やメンタル・その場の環境によって

やりにくく感じる時もあると思います。

 

いつどんなタイミング・シチュエーションでも、

思い通りの声で歌えたら最高に楽しいし、嬉しいですよね!

そのためには少し地味に感じるようなトレーニングの日々の積み重ねが大事になってきます。

 

そして、基礎トレーニングを毎日のルーティン化することで、

自分の体調の変化にいち早く気づくことが出来ます。

そうすると喉を痛めることもかなり軽減されてくるはずです。

 

コロナ禍でのマスク生活で、

声を出す機会が減ったり、顔の筋肉を使わなくなったり、

知らず知らずのうちに呼吸が浅くなっていたり。。

 

そんな生活の中で、この3つのトレーニングをやるとやらないでは大違い!

 

歌に必要な最低限の体力作りに繋がることはもちろん、

普段の日常生活を少し生きやすくなるヒントになれれば嬉しいです。

 

 

自宅で出来るボイストレーニングネタ、まだまだ沢山ご用意しています!

 

気なる方は是非体験レッスンへ^^

ご自宅から気軽に受講できる、オンラインレッスンもやっております!

キャンペーン 無料体験 無料体験

この記事を書いた人

Anri
Anri
静岡生まれ大阪育ち。
幼少時から歌うことが大好きで
高校時代から劇団東俳、ヤマハ音楽教室にて本格的にボイストレーニングを行う。
高校では軽音部(北川達也設立!)に所属し、17歳からオリジナル曲でライブハウスに出演し始める。
高校卒業後、ヤマハ音楽院大阪ポピュラー科にて太田 聖二氏、松田多延子氏に師事。
同時に自身がボーカルを務めるオリジナルバンドで東名阪を中心に精力的にライブ活動を行う。
また天理楽器 奈良店、生駒店にてボーカル講師を3年間経験した後、2015年上京。
高校の先輩、北川達也の勧めでラボックボーカル教室に勤務し始める。
ラボックではポスターやヒップホップ英会話の教材のデザインなども務める。
ページ上部へ戻る
無料体験レッスン無料体験レッスン
無料体験レッスン無料体験レッスン